純資産

あなたは純資産でいくら持ってますか?
この質問にパッと答えられないなら、まず自分の資産と負債を書き出してみてください。
私は毎月1回、クレジットカードの支払日にこの作業を行っています。
資産とは預貯金や株・投資信託などの金融資産以外にも、不動産、貴金属、車、絵画、高級時計など売却できるものは何でも時価(つまり売却した際の買い取り額)で計算します。
負債は住宅や車・教育ローンなどの残債を算出します。
資産から負債を引いたものが純資産となります。
純資産額を把握したら、毎月の収入と支出を把握し手元にいくら残るかを算出してください。
この作業を行うことで無駄に支払っている固定費を削減するきっかけとなります。
固定費は長い時間でみるとボディーブローのように効いてきます。
4大固定費といわれる車・住宅・教育・保険を1度見直してみましょう。
それらは本当に必要なものなのか、グレードダウンさせることによって固定費を圧縮し、投資に回せないか考えてみてください。