相談しない

投資初心者がよくやる過ちが、いきなり銀行や証券会社の窓口へ相談しに行ってしまうことです。
これは絶対にやってはいけません。
金融機関の人間は自社で取り扱っている手数料の高い商品(例えば投資信託)を必ず勧めてきます。
初心者だから優しくしてくれる、甘えて当然という考えは一切通用しません。
初心者はカモだと思われています。
騙されたくなければ金融機関が勧めてくる商品は一切無視することです。
考えてみてください、誰が見ず知らずのあなたに儲け話を持ってくると思いますか?
投資初心者がまずすべきことは勉強です。
私はこれまで300冊以上の投資関係の書籍を読んできました。
その中で自信を持ってお勧めできる15冊を厳選しましたので下記をご覧ください。
15冊の中でも真っ先に読むことをお勧めするのは『改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)』です。
ロバート・キヨサキという人が書いた本で、世界中で翻訳され、投資をしている人には知れ渡っている超定番本です。
まずは15冊の本の中から気になる本を読んでみてください。
本を読んで知識をつけていくうちに投資が難しいとか怖いという考えはなくなります。
情報は自分で取りに行くという姿勢、そして自分で深く考えて行動することが大事です。